クリニックBlog

2016年1月11日 月曜日

高血圧の治療は神戸・西神中央の当院へ

初期の高血圧であれば、あまり心配することはありませんが、すぐに治療にとりかかることが大切です。高血圧の治療は食生活や運動といった生活習慣の改善を行います。長く継続して行なうことになりますが、あきらめず正しく行えば、薬を使わずに血圧を下げることができます。

生活習慣の改善方法
■基本は減塩

 人間は塩をとらなければ生きていけないといわれますが、食事からとらなくてはいけない塩の量はそれほど多くはありません。「減塩」というといかにもたいへんそうですが、むしろいままでとりすぎていた分を調整すると考えるとよいでしょう。

健康な人は日常的にとりすぎた塩分は尿に溶かして排泄しています。

高血圧の人にとっては塩分制限は、ナトリウムの過剰摂取による水の貯留を防ぎ、循環血液量を増やさないための重要な治療の一つになります。

■塩分は1日6g以下に

 現代人は知らず知らずのうちに1日12~13gの塩分を摂取しているといわれています。これは塩分の多いファーストフードを含めた外食産業の拡大とコンビニエンスストアを中心とした弁当の食事が影響しているものと推測されています。

人間にとって望ましい塩分の摂取量は、健康な人で1日に10g以下、血圧が高めな人では6g以下とされています。血圧の高めの人は今日から塩分を減らし薄味になれるよう努力しましょう。

投稿者 つじクリニック

078-963-3923











アクセス



〒651-2277
神戸市西区美賀多台
3-11-8

詳しくはこちら