ホーム > 消化器内科

消化器内科

消化器内科

原因不明の症状も、しっかり究明・コントロール

原因不明の症状も、しっかり究明・コントロール

 当院では、経鼻内視鏡やNBI電子内視鏡を用い、患者さまに負担の少ない検査を実施し、早期食道がん、胃がん、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍などの診断・治療を行っております。

 他院で原因不明とされた背部痛、胸痛といった症状についていえば、多くの医院では心臓(循環器)・肺(呼吸器)・食道や胃(消化器)・胸の筋肉や骨(整形外科)・乳腺(乳腺科)と異なる各科でそれぞれ診断する必要が出てきます。しかし、当院はいずれの分野にも精通しており、高いレベルでの診療を行っています。

 また消化器内科としては、口から肛門までの、咽頭、喉頭、食道、胃、十二指腸、胆嚢、膵臓、肝臓、小腸、大腸、直腸、肛門に関する病気の診療を行っています。

鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)で苦痛を軽減

鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)で苦痛を軽減

 一般に「内視鏡」というと、太い管のようなカメラを口から入れ、苦しい吐き気に襲われながら検査に耐えるもの、というイメージをお持ちの方が多いかと思います。しかし経鼻内視鏡は、極細型の細くてやわらかいものを鼻から挿入します。したがって、嘔吐反射もなく、苦痛は大幅に軽減され、検査中にも会話ができます。

 もちろんうまく挿入しなければ痛みはあります。しかし当院なら、入りにくい方も麻酔などを工夫しております。
鼻からの胃カメラで、咽頭、喉頭、食道、胃、十二指腸の検査ができます。

NBI電子内視鏡を使用

 当院では最新の電子内視鏡画像処理システムであるNBI(narrow band imaging)を採用しております。
NBIは従来に比べ、粘膜表層の血管や血中ヘモグロビン、ビットパターンと呼ばれる微細模様に対するコントラストが最適化された光を使いますので、表在型の早期がん発見に非常に効果的です。その高い画像描写をもって、より高度な診断を可能とします。

超音波(エコー)検査

 超音波エコーで、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、を中心に、その他、腸、卵巣、子宮、膀胱も検査します。

直腸・肛門検査

直腸がん、痔核、痔瘻、脱肛などを検査します。
詳しくはこちら

逆流性食道炎

 胸焼け、口が苦い、酢っぱい液が上がる(呑酸)、長引く咳、背部痛、前胸部痛、咽頭違和感、咽頭痛、声がれ、うつ、体重減少、など様々な症状を呈し、難治性で、診断、治療に困難を極め、長期にわたり、多くの病院を受診されて、治らないために、最終的に、当クリニックを受診されて、よくなる方が多数おられます。

食道がん、胃がんの早期発見

食道がん、胃がんの早期発見

 がんは、どんなものも初期症状がなく、バリウム検査では初期の食道がん、胃がんを発見するのは難しいとされます。しかし内視鏡検査を使えば、それらを発見することが可能です。
一般的に、50才以上の男性で、喫煙習慣のある方、大量の飲酒習慣のある方は食道がんのリスクが高いので、1年に1回は内視鏡検査をされることをおすすめします。

 食道がん、胃癌の内視鏡切除可能な症例の当院での発見率は、それぞれ50%、38%です。早期がんの発見に努め、がんの完治を目指しています。また、食道がん・胃癌の健診での発見率は0.1~0.2%ですが、つじクリニックでは食道癌:6例、胃癌:17例、計23例で1.2%となり、通常の健診の10倍の発見率を誇ります。

急性胃炎

 激烈な上腹部痛で、時に吐血、下血を伴います。胃カメラの検査が必要です。

慢性胃炎

 症状がない場合が多いですが、不定の症状が出る場合もあります。原因は大部分がピロリ菌感染症です。胃カメラが必要で、ピロリ菌の除去治療が必要になります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

 上腹部痛、嘔気、嘔吐、食欲不振、腹部膨満感、吐血、下血などがあれば、胃カメラを行って診断をつける必要があります。潰瘍の原因は、主にピロリ菌感染症、鎮痛剤の内服です。ピロリ菌が陽性の場合は除菌治療を行います。

ピロリ菌の除去

 ヘリコバクター・ピロリ菌は、胃の中に生息することで、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胃過形成性ポリープ、胃がんなどを引き起こすといわれます。そのため感染された方にはできるだけ除菌をおすすめしています。2013年からは胃潰瘍・十二指腸潰瘍などに加え、胃カメラで、慢性胃炎と診断されると、保険診療でピロリ菌の除菌が行えます。

機能性ディスペプシア

 食後のもたれ感、早期膨満感、心窩部痛、心窩部灼熱感のうち1つがあり、胃カメラでも、異常がない疾患です。まず、胃カメラで診断をつけてから、生活指導、内服治療をおこないます。

肝臓

 肝癌、B型肝炎、C型肝炎、脂肪肝、肝硬変などの管理、フォローアップなどの診療を行います。

胆嚢

 胆嚢癌、胆石症(胆嚢内結石、総胆菅結石)、胆嚢炎、などの手術適応、治療を行っています。

膵臓

 膵癌、急性膵炎、慢性膵炎の診断をおこない、入院治療の必要な方には専門の病院を紹介しています。

過敏性腸症候群

 腹痛と便通異常が慢性に持続する疾患で、人口の10%~15%に認められ、女性に多く、偏食、食事量のアンバランス、夜食、睡眠不足、ストレスは、危険因子で、食事指導も行っています。過敏性腸症候群の場合、基本的に内服薬で対応します。

大腸がん・直腸がん

 まずは、便潜血を検査します。更に、痛くない上手で、高度な技術を持つ大腸内視鏡検査施設に紹介しています。

078-963-3923











アクセス



〒651-2277
神戸市西区美賀多台
3-11-8

詳しくはこちら