乳腺科

乳腺科

乳腺科

マンモグラフィー読影認定医Aランクの院長が診療いたします。
マンモグラフィー読影認定医Aランクの院長が検査

 マンモグラフィーとは乳房・乳腺専用のX線撮影のことで、乳がんを発見・診断する方法のひとつです。上下・左右から乳房を圧迫して撮影することで、触診ではわからない小さく細かな病変も発見可能となります。

 また、当院での超音波診断を併用することで、乳がんの診断率が、さらに向上します。2年に1度は検査を受けてください。

乳腺エコー検査で乳がんの発見に努めています

 超音波をあてて反射を測定することで体内を画像化するのがエコー検査です。X線撮影のような被爆リスクがなく、また痛みもありません。その上、触診ではわかりづらい病変も、画像上の形や影から発見することができます。明らかに良性の腫瘍などであれば経過観察としますが、悪性腫瘍(乳がん)が疑われる場合は、専門の医療機関をご紹介いたします。

甲状腺

 甲状腺の異常や障害によって起きる疾患には、甲状腺機能亢進症(甲状腺ホルモンの分泌過剰)や甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモンの分泌不全)、急性・慢性甲状腺炎、単純性甲状腺腫、甲状腺がんなどが挙げられます。超音波エコーで、甲状腺がん、甲状腺低下症(橋本病)の検出に努めています。手術適応のある方は、専門の病院に紹介しています。

078-963-3923











アクセス



〒651-2277
神戸市西区美賀多台
3-11-8

詳しくはこちら