クリニックBlog

2016年7月22日 金曜日

西区、西神中央、内科 高齢者の熱中症予防について

以下の薬剤は、熱中症を誘発する可能性が高まるので、注意してください。
基本的に、先発品の名称で記載しています。
1:体温調節に及ぼす薬剤
 1:皮膚からの熱放射障害:高熱になりやすい薬です。
   末梢血管収縮作用のある薬剤:アンフェタミン:エフェドリン
   発汗抑制のある薬剤:抗コリン薬:1)パーキンソン病、アーテン、パーキン、アキネトン、タスモリン、トリモールなど、2)喘息、アトロベント、テルシガン、スピリーバ、シーブリ、エンクラッセ、ウルティブロ、アノーロ、3)胃、十二指腸潰瘍に エピサネート、コランチル、
 抗ヒスタミン薬:1)めまい、ドラマミン、トラベルミン、2)アレルギーレスタミン、ポララミン、ピレチア、ペリアクチン、3)喘息、インタール、ザジテン、アゼプチン、セルテクト、ゼスラン、アレグラ、ディレグア、ダレン、アレジオン、エバステル、ジルテック、ザイザル、タリオンクラリチン、
 3環系抗鬱剤:トフラニール、トリプタノール、スルモンチール、アナフラニール、アンプリット、プロチアデン。などがあります。

2:心拍出量低下する薬
 1:抗不整脈薬 アミサリン、リスモダン、シベノール、ピメノール、
サンリズム、タンボコール、プロノン、ソタコール、
 2:降圧剤(カルシウムブロッカー)アダラート、ペルジピン、ニバジール、バイミカード、バイロテンシン、カルスロット、コニール、ヒポカ、ランデル、アテレック、アムロジン、カルブロック、カデュエット、ワソラン、ヘルベッサー、

 3:利尿による循環血液量の減少 
  1:利尿剤:ラシックス、フルイトラン、ヒドロクロロチアジド、ナトリックス、ルネトロン、ダイアート、ルプラック、アルダクトンA、ダイアモックス、サムスカ、
  2:アルコール
    

投稿者 つじクリニック | 記事URL

2016年7月13日 水曜日

西区の西神中央、内科 高齢者の熱中症について

1:中等症、重症の割合が増加すること。 死亡例の80%が65歳以上の高齢者であること。
2:住居での発症が多いこと。独居、二人暮しが多く、エアコンがないケースが多いこと。
3:皮膚の温度感受性が低下すること、発汗量が低下し、皮膚から熱の放散能力低下するため、深部体温が上昇しやすいこと。
4:発汗により、水分、ナトリウムを喪失するため、電解質異常を生じやすいこと。
5:夜間の抗利尿ホルモンが低下するため、夜間尿が増加すること。
6:口渇中枢の感受性が低下し、喉が渇きにくくなること。
7:要介護者の26%は独居で、環境変化に順応に欠けること。
8:夜間尿のため、飲水を控えたり、エアコンの使用を我慢すること。
これらから、脱水、電解質異常をきたしやすくなり、高齢者は熱中症を発症しやすくなる特徴がありますので、注意してください。

投稿者 つじクリニック | 記事URL

078-963-3923











アクセス



〒651-2277
神戸市西区美賀多台
3-11-8

詳しくはこちら