クリニックBlog

2015年12月25日 金曜日

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の対処療法

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を和らげるには、鼻腔テープや鼻スプレーも有効です。

また、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者様の7割~8割は肥満体系です。
ダイエットすると自然と症状が消える方もいらっしゃいます。
一時的に体重をおとしても、元に戻ったりリバウンドすると睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状が再発することも多いので注意が必要です。

喫煙や飲酒も関係しますので、寝る前4時間は飲酒を控えるようにし、たばこも極力減らしてください。
もちろん吸わない禁煙がベストです。

そのほか、睡眠ポジションの改善や睡眠環境を快適にすることなども効果的です。複数の方法を試して睡眠改善に役立てましょう。
あくまで対処療法なので、気になる方はまず検査・診断にご来院ください。



投稿者 つじクリニック

078-963-3923











アクセス



〒651-2277
神戸市西区美賀多台
3-11-8

詳しくはこちら