クリニックBlog

2015年12月23日 水曜日

睡眠時無呼吸症候群の治療は神戸の当院へ

睡眠時無呼吸症候群(SAS)には、主な症状として激しいいびきがあります。

「いびき」と睡眠時無呼吸症候群(SAS)のかかわりは大きいといわれていますが、「いびき」全部が悪いわけではありません。
寝入る際にかくいびきや、お酒を飲んだ時にかくいびき、疲れている時にかくいびきなどあまり気にしなくても問題ないです。

注意が必要ないびきは下記のようなものです。

・仰向けになるといびきが大きくなる
・いびきに強弱がある
・朝までずっといびきをかいている
・ある日を境に急に音が大きくなった

このような症状は睡眠時無呼吸症候群(SAS)かもしれません。
自分で眠っている姿をみることはできないので、家族などにみてもらうのが効果的です。

生活習慣病とも密接な関係にあり、放置していると生命の危険におよぶこともあるので、気になる方はすぐにご相談ください。

投稿者 つじクリニック

078-963-3923











アクセス



〒651-2277
神戸市西区美賀多台
3-11-8

詳しくはこちら