クリニックBlog

2015年11月23日 月曜日

虚血性心疾患とは? | 神戸市西区つじクリニック

心臓に血液がいかない状態を「虚血性心疾患」といいます。その代表となるのが、狭心症と、心筋梗塞です。
心臓に血液がいかなくなる原因は、冠動脈の動脈硬化です。
狭心症は、冠動脈が狭窄(すぼまって狭くなること)を起こし、心臓の筋肉の収縮に必要な血液を送りきれなくなると、心臓が酸素不足を起こし、胸痛などの症状を起こします。
心筋梗塞は、冠動脈が閉塞することで血液の流れが途絶してしまう疾患です。
虚血性疾患は、生活習慣病のひとつで、50~60歳代の男性に多く見られますが、40歳代でかかる人もいます。

投稿者 つじクリニック

078-963-3923











アクセス



〒651-2277
神戸市西区美賀多台
3-11-8

詳しくはこちら